マッチングアプリ

出会えるマッチングアプリ「Pairs – ペアーズ – 」のメリット・デメリットを解説!

「いいね」でマッチングしてメッセージのやり取りをする、Facebook連携型の婚活アプリです。
男女ともに20代のユーザーが男性64%、女性63%と圧倒的に多いのが特徴です。
2012年リリースで知名度は高いものの、会員数250万人と他の老舗サイトと比べるとやや少なめ。
更にリリース直後に比べて会員数増加の勢いはありませんが、反面アクティブ率は90%とかなり高めです。

また安全性の高さもウリにしているため、安心してマッチングできるという一面も。
1日1万組がマッチングしており、異性とメールのやり取りに展開するまでのハードルはあまり高くありません。

ちなみにコンセプトがペアーズと似ているため、どちらを利用するか迷う人も多いようです。
どちらも月額制で両方使うのも大変ですので、比較した記事を参考にどちらにするか決めるといいでしょう。

Pairs(ペアーズ)を使うメリット

都市圏のユーザーが多い

特に東京のユーザーが圧倒的に多く、次いで大阪・愛知・福岡でも20~30代のアクティブユーザーは数千人単位にも上ります。
ただ首都圏の方には大きなメリットなのですが、地方住まいにはデメリットとなります。もちろんいない訳ではないので、地元周辺の女性をターゲットにする場合は諦めずに探してみましょう。

安全性が高い

運営がサクラゼロ宣言を掲げています。実名登録が基本のFacebook連動型サイトが故に架空のアカウントが無いため、少なくとも登録されているユーザーとは全員会える可能性は高いです!!

料金はやや高めですが、その分安全性を重視したシステムとなっているため安心して使うことができます。

Pairs(ペアーズ)を使うデメリット

料金がやや高め

相場から見ると飛びぬけて高いというわけではありませんが、月額制で男女とも有料。1ヶ月3,980円、12ヶ月でも月2,780円と他に比べてやや高めです。

そしてクレジット払いだと料金が安くなるシステムです。AppleやGooglePlayでの支払の場合、上記の金額よりもう少し高くなるためなるべくクレジット払いで決済しましょう。

男性の比率が高め

ネット婚活の宿命ですが、どうしても男性のユーザー数が女性に比べて多くなります(とは言え男性78%と全体から見ても平均的な数字ではありますが)。
その分ライバルが多いので、マッチング回数も多くなりがちです。

気軽な出会いには向かない

結婚を想定した真面目な出会いを探している人の割合が多いせいか、慎重になっている人が多いようです。
またマッチングは簡単にできるものの、メールのやり取りが続く人もあまりいない、メールをしても出会うまでのハードルが高いという口コミも。
気軽な出会いには向かないので、長くても3~6か月を目安に利用するのがいいでしょう。